TP200の製法

プラセンタは哺乳類の動物の胎盤に含まれる発育原因であり、胎児の発育を促進させる働きがあります。プラセンタはエイジングケアコスメティックの主成分として使用されてあり、馬プラセンタや豚プラセンタ、羊プラセンタなどがあります。これらのプラセンタの中では馬プラセンタが最も対価が激しく、他のプラセンタよりも際立つアンチエイジング効果が期待できます。
馬プラセンタの魅力は、豚や羊由来のプラセンタと比較するとアミノ酸含有体積が多くあることです。馬プラセンタのアミノ酸含有体積は豚プラセンタの1.ダブルから1.5ダブルの体積を含有しており、アミノ酸の行いによって、素肌の新陳代謝を促進させます。ヒトプラセンタもアミノ酸の含有体積は豊富ですが、ヒトプラセンタは検査用として使用されてあり、コスメティックの材質としては使用されていません。
馬プラセンタは国産のサラブレッドの胎盤から抽出する結果、抽出体積は限られています。豚プラセンタは量産が可能ですので、対価を安くできる点が大きな楽しみです。馬プラセンタのコスメティックと豚プラセンタのコスメティックの対価を比べると、馬プラセンタの方が豚プラセンタよりも高いですが、アミノ酸含有体積が多いので、豚プラセンタのコスメティックよりも期待できるアンチエイジング効果は優れています。参照サイト